薄毛になってからスカルプシャンプーでは手遅れで意味がない説

薄毛が気になりだしたらスカルプシャンプーみたいな風潮がありますが、私にはいまいち理解ができません。

薄毛になった時点で既に手遅れなのでは?と思うからです。

私の父は薄毛が気になりはじめてからスカルプDを使用していますが、薄毛が改善されている気配は毛頭ありません(毛だけに)。

そもそも、シャンプー自体に発毛効果がないので期待できる効果はせいぜい「予防」まででしょう。

そう思って私は24歳の時点からスカルプシャンプーの一つである「MARO17」というものを愛用しています。

しかし、よくよく考えてみるとテレビCMの影響でスカルプシャンプーの存在自体は認識していたものの、その効能や作用機序を詳しく調べたことはありません。

そこで、スカルプシャンプーについて調べてみることにしました。

「スカルプ」とは

スカルプシャンプーについて調べる上で気になる事は、そもそも「スカルプ」とはなんぞやということ。

そこで検索をかけてみると「スカルプ(Scalp)」という言葉は日本語に訳すと「頭皮」を意味するようでした。

髪ではなく、頭皮のためのシャンプーというわけですね。

スカルプシャンプーの効果

次に、スカルプシャンプーの効果がどのようなものか調べてみました。

アクセスしたサイトは父が愛用している「スカルプD」と、私が愛用している「MARO17」の2ページです。

HPを見ていてどちらも共通していたことが、スカルプシャンプーは「薄毛になりにく頭皮の環境を構築する」という一点を目的に開発されているということ。

薄毛対策で最も重要なことは土台である頭皮の環境を健康に保つこと。

そのためには余分な皮脂や汚れ、ワックスやジェルなどのスタイリング剤を確実に洗い流すことが必要不可欠です。

数あるスカルプシャンプーはいずれも、各社のアプローチで健康な頭皮の環境を作り出すために成分の配合を工夫していることになります。

ハゲてから使っても意味がない事はなさそう

スカルプシャンプーの効果をみるに、ハゲてから使っても意味がないということはどうやらなさそうです。

それ以上薄毛が進行することを防ぐための一助にはなるでしょう。

しかし、我々男性が求めていることは「そもそもハゲないこと」の一点のみ。

その観点からいくと、ハゲてからでは手遅れであるという認識に違いはありません。

ハゲる前からスカルプシャンプーを使用することが重要であると言えるでしょう。

私が「MARO17」を選んだ理由

スクリーンショット 2021 01 24 1.36.18

私はMARO17を本体と詰め替えで計5回分(一年)愛用しています。

男性用シャンプーとしては高価ですが、詰め替えを一度買うと大体2ヶ月は保つので1ヶ月で見ると600円程度です。

このシャンプーを選んだ理由はdマガジンで愛読している「MONOQLO」という雑誌でベストバイとして紹介されていたからです。

20代前半の私がスカルプシャンプーに手を伸ばしたきっかけは、父親でもなく雑誌の特集にありました。

スクリーンショット 2021 01 24 1.37.32

雑誌で紹介されていた点は概ねこのような感じでしたが、私に響いた内容はここにはありません。

雑誌内にて他シャンプーとの比較項目に、「スタイリング剤の洗浄力」(うろ覚え)という項目がありました。

この項目で高い効果を示していた(編集部の主観だと思いますが)シャンプーがMARO17でした。

スクリーンショット 2021 01 24 1.43.00

私は営業職ということもあって毎日髪をセットして出勤するのですが、髪質が剛毛かつクセ毛気味でワックスでは全く効果がないのでジェルを使用しています。

ロレッタのハードゼリーはは水ですぐに洗い流せるタイプのジェルなので、セット力と後処理の楽さを気に入って美容院で紹介されてから4年以上愛用しています。

しかし、いくら水で洗い流しやすいとはいえジェルなので、それまで使用していたシャンプーでしっかりと洗い流せているのかという疑問を常々抱いていました。

そんなタイミングでMARO17の洗浄力が高いという記事を見たので試してみることにしました。

ワックスやジェルをきちんと洗い流せていなかったら一瞬で薄毛ルートに直行しそうな気がしたからです。

MARO17を使用してみると、今までドラッグストアで購入していたシャンプーよりも髪への泡の吸い付きがよく、しっかりと頭皮の汚れを吸着しているような感覚がありました。

これがいわゆる「濃密な泡」というものなのでしょうか。

洗髪後のハリやコシというものはいまいちわかりませんが、洗浄力に関しては体感することができました。

そのため、私のように日常的にスタイリング剤を使用する人にはMARO17がおすすめです。

そうでない方はMARO17のように洗浄力が強すぎないスカルプDなどの他のシャンプーを選んだほうが良いかもしれません。

[ 洗浄力が強い→必要な皮脂まで洗い流してしまう→頭皮が乾燥する→ハゲる ]という関係があるので。

実家に帰省した際に父のスカルプDを使用していますが、MARO17のように髪に吸い付く感覚はありません。

余談ですが、ホテルマンの義兄もMARO17を愛用していることを義姉と妻の会話で知りました。(どうでもいい)

合わせて読みたい記事