常備薬にオススメのOTC医薬品–できるだけ混ぜ物が少ない製剤がベスト

  • URLをコピーしました!

それぞれのご家庭で必ずストックしているであろう常備薬。

常備薬を購入する時に明確な理由があるのではなく、ドラッグストアで販売されているお薬の中からなんとなく選んでいることが多いのではないでしょうか?

そこで、本日は可能な限り安全で常備薬にオススメのOTC医薬品を現役のMR(医薬情報担当者)が紹介していきたいと思います。

目次

風邪・頭痛・生理痛には「タイレノールA」

タイレノールAは頭痛薬・鎮痛薬の中でも混ぜ物が少なく、空腹時にも服用できる安全で使い勝手の良い製剤です。

病院ではカロナールという名称で処方されているお薬と同一成分の製剤なので、この成分の薬を飲んだことのない人は少ないでしょう。

有効成分はアセトアミノフェンのみの単剤で、イブやバファリンのように複数の成分が配合されていないことが特徴です。

イブやバファリン、ロキソニンなどの解熱鎮痛薬は非ステロイド系消炎剤(NSAIDS)という分類に属している製剤で、その中で最も臨床使用の経験が長い=安全性が確立されている成分がアセトアミノフェンです。

インフルエンザに関連しておこる脳炎・脳症に対するジクロフェナクナトリウム及びメフェナム酸の使用について、本学会の見解は以下のとおりである。 

1999、2000年のインフルエンザ脳炎・脳症研究班(森島恒雄班長)の報告では、解熱剤を使用していない症例でもインフルエンザ脳炎・脳症は発症しており、その死亡者が5分の1を占めているところから非ステロイド系消炎剤が脳炎・脳症を引き起こしていることは証明されていない。
 しかし、1999年のデータに比して2000年のデータではインフルエンザ脳炎・脳症が発症した場合の致命率についてはジクロフェナクナトリウムは有意差を持って高くなっている。一方、メフェナム酸に関しては2000年の調査でははっきりした傾向は認められなかった。
 また、他の非ステロイド系消炎剤の使用については、調査症例数が少なく、現段階でその関連性が明確になっていないので、さらに調査が必要である。
 一般的に頻用されているアセトアミノフェンによる本症の致命率の上昇はなく、インフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであればアセトアミノフェンがよいと考える。
 以上より一部の非ステロイド系消炎剤はインフルエンザ脳炎・脳症の発症因子ではないが、その合併に何らかの関与をしている可能性があり、インフルエンザ治療に際しては非ステロイド系消炎剤の使用は慎重にすべきである。
 今後も本症の原因を含めてさらに研究班の継続した調査を要望する。

国立感染症研究所

インフルエンザに伴う発熱にNSAIDSを使用してインフルエンザ脳症を発症する症例が毎年報告されていますが、アセトアミノフェンはNSAIDSの中でも比較的安全に使用できる成分であると言われています。

発熱症状が出た時点ではインフルエンザかどうかわからないので、熱が出たらとりあえずアセトアミノフェン単剤のタイレノールを服用するようにすると良いでしょう。

また、タイレノールAと同じ成分であるカロナールは乳幼児でも服用できるほど安全性が確立されていて、授乳中でも服用できる点もポイントです。

月経痛や頭痛などにも空腹時に服用できるタイレノールAはお勧めです。

効能・効果

  1. 頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
  2. 悪寒・発熱時の解熱

用法・用量

次の量を服用してください。ただし、かぜによる悪寒・発熱時には、なるべく空腹時をさけて服用してください。

年齢1回量1日服用回数
成人(15歳以上)1錠3回まで。服用間隔は4時間以上おいてください。
15歳未満服用しないでください。

カロナールは小児用量の規格がありますが、タイレノールAには小児の規格はありません。

小児科領域における解熱・鎮痛:通常、幼児および小児は1回体重1kgあたり主成分として10〜15mgを服用し、服用間隔は4〜6時間以上とします。1日総量として60mg/kgを限度とされます。ただし、成人用量(1回最大用量は主成分として500mg、1日最大用量は1,500mg)を超えることはありません。空腹時の服用は避けてください。

いずれの場合も、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。本剤は1錠中に主成分200mgを含有しています。必ず指示された服用方法に従ってください。

くすりのしおり

小児に投与する量は体重で計算するので一般薬を安易に服用させることは危険です。

お子様が風邪を引いた場合は必ずクリニックに受診して処方薬をもらいましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日常で気になったことを調べて備忘録がてら記事にしています。
Apple製品をはじめとしたガジェットも好きで「Gadget Nyaa」(https://gadget-nyaa.com)というブログも運営しています。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる