長時間歩いたらお尻が痛くなるのはなぜ?−正しい歩き方をマスターして解消しよう!

散歩や買い物、旅行などで長時間歩いた際におしりが痛くなったことのある人は多いのではないでしょうか?

腰や膝なら分かりますがお尻が痛くなる原因がいまいち分かりません。

そこで、気になったので調べてみることにしました。

お尻が痛くなる原因

スクリーンショット 2021 02 17 22.49.55

お仕事や家事、旅行や買い物で長い時間歩くことありますよね。そんな時、片方のおしりの外側が痛くなってしまう、そんなお悩みを持つ方の姿勢と対処法について今回は、お話していきます。

まずは、こちらの写真を見てください。

片足立ちをしているこの2枚の写真、右足で立っている時と左足で立っている時と何かちがいそうです。右足は真っすぐ立てているので比較的、負担は少ないと思います。左足で立っているときは何だか安定せずに倒れてしまいそうですよね。今回は、前後の動きではなく、左右の動きに注目してみると、左足で立っているときには骨盤が外に逃げてしまっています。左足で立っているときにはおしりの外側がパツンパツンに張って、これ以上外に行かないように支えてくれています。実際に歩く時にも片足立ちになることがあるので、これが歩くたびに起きていると思うとどうでしょうか。痛くなりそうじゃないですか??左のおしり!!そして両足で立っている時ですら、もしかしたらこの姿勢になっているかもしれません。

ちょっと思い返してみてください、立って何かをやっている時、知らず知らずのうちにいつもどちらかの足に体重を乗せて“休めの姿勢”のようになっていませんか。

アーチフィジカルケアグループ

長時間歩いた後にお尻が痛くなる原因について調べているとお尻の痛みに引っ張られて「坐骨神経痛」の記事ばかりヒットしている中で唯一、触れられていた記事がこちらでした。

本文を読んでみるとなるほど、私は思い当たる節がありました。

直立している時に気づいたら左側に体重をかけて立っていることがよくあって直したいと思っていたのですが、まさにこれが原因でお尻が痛くなっているのかもしれません。

側から見ると写真左側のような体制になっているということなのでお尻が痛くなることも納得です。

お尻のストレッチ方法

お尻が痛くなった時の対処方法としてストレッチが様々ありますが私が取り入れているストレッチはこちらの方法です。

ストレッチにかかる時間も短いので隙間時間にさっとできる点が魅力的です。

このストレッチを行うと少し痛みがマシになるので試してみてはいかがでしょうか。

正しい歩き方

歩き方が悪いのでお尻が痛くなることは分かりました。

そこで気になるのが正しい歩き方ですよね。

こちらに関してもYoutubeで参考になる動画があったので紹介します。

日常生活での正しい歩き方

日常生活での正しい歩き方を非常に分かりやすく解説してくれている動画です。

腕の振り方や歩く際の足は「後ろ」を意識するだけでかなり変わることがわかりました。

実践してみると歩くスピードが速くなる上に疲れにくく、姿勢も良くなるので良いことしかありませんでした。

ダイエットの際のウォーキングトレーニング

最近、ダイエットのためにウォーキングを始めたのでそちらの正しい歩き方もYoutubeで学びました。

今までただ距離を歩けば良いと思っていたのですがそれは間違いであるということがこの動画を見て強く意識することができました。

明日から取り入れてみようと思います。

合わせて読みたい記事