りんごと青りんごの違いは何?

子供の絵本を読んでいる際に赤いりんごと青りんごの違いがどういったものなのか知らないことに今更ながら気づく瞬間がありました。

私のりんごと青りんごの違いに関する知識は色が違うぐらいしかなく、そもそも青りんごを食べたことがあるのかさえ定かではありません。

青りんごと言われて浮かぶのがハイチュウの青りんご味ぐらいしかないことに驚きました。

自身で生計を立てるようになってから4年が経過しましたがこの間にりんごを購入したことがないので意識してりんごの銘柄を見たこともありません。

考えれば考えるほど気になってきたので調べてみました。

りんごと青りんごの違い

多くのりんごは皮の色が赤になる色素(アントシアニン)を持っています。

この 赤くなる色素(アントシアニン)を持っているりんごは赤く、持ってないりんごが黄色もしくは緑色(青りんご)になります 。
アントシアンは、太陽の光が当たるとふえていく色素(しきそ)なのですが、このアントシアンが赤いために、リンゴも赤くなるのです。

津軽農園

りんごを生産している農園によるとりんごと青りんごの違いは色素によって表れているようでした。

味に違いがあるのかも気になりましたが品種によって違うのは当たり前なので色は関係ありませんよね。

今度気が向いたら食べ比べをしてみようと思います。

合わせて読みたい記事