空気清浄機でウイルス除去はできるの?–プラズマクラスターで浮遊「新型コロナウイルス」を不活化

長引くコロナ禍で健康意識が高まった人も多いのではないでしょうか。

アルコール消毒を始めた方はもちろん多いと思いますが、空気清浄機を導入した人もそれなりの数が多いのでしょうか。

空気清浄機と聞くと「臭い」や「花粉」、「PM2.5」を除去するイメージがありますよね。

また、昨今の情勢により「ウイルス」も除去できるのかも気になるところ。

そこで、本日は空気清浄機でウイルスを除去できるのか調べてみたので紹介します。

世界初※1、プラズマクラスターイオン(R) ※2技術が浮遊『コロナウイルス』を不活化

近年、SARS(コロナウイルス科)、鳥インフルエンザ(オルソミクソウイルス科)などの新たなウイルス感染症が発生し、人々の健康を脅かす事例が増えております。シャープは、新しい技術による空気の浄化を追求し、空気を媒介とした病気の原因となる有害物質へのプラズマクラスターイオン効果を体系的に検証してまいりました。

今回は、ウイルス研究で世界的な権威の社団法人 北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院 鈴木達夫先生、小林憲忠先生と共同で、コロナウイルス科に属するネココロナウイルスに対して、プラズマクラスターイオンによる不活化実証実験を実施しました。その結果、40分以内に99.7%を不活化、すなわちウイルスを破壊し感染力を抑える働きがあることを実証しました。

これにより、空気感染による主要な病原性ウイルスの基本的な3つの分類型においてプラズマクラスターイオンの効能を検証することができました。

 「プラズマクラスターイオン技術」とは、空気中の水分子と酸素分子から生成したプラスとマイナスのイオンを空気中に大量に放出することで、浮遊カビ菌・インフルエンザウイルス・ダニアレルゲンなどを取り囲み、化学反応によって不活化する画期的な空気浄化技術です。当社は、この技術を2000年に開発し、アカデミックマーケティング※3の考えに基づいて、世界の学術研究機関と共同でその効能検証を進めています。

※   プラズマクラスターイオンによる浮遊SARSウイルスへの不活化効果実証についても、現在取り組んでおります。

※1 2004年7月27日現在 プラズマクラスターイオンにおいて

※2 プラズマクラスター、プラズマクラスターイオンおよびPlasmaclusterはシャープ株式会社の商標です。

※3 技術の効能について、先端の学術研究機関と共同で科学的データを検証し、それをもとに商品化を進めるマーケィング手法。

Sharp

Sharp

「空気清浄機 ウイルス」というワードで検索して引っかかったのがSharpの実験結果の報告です。

2004年時点、つまりSARS流行に伴って測定したデータではありますが新型コロナウイルスであるSARS -Cov-2への効果も期待できます。

世界初 プラズマクラスター技術で、空気中に浮遊する
「新型コロナウイルス※2」の減少効果を実証

シャープは、長崎大学感染症共同研究拠点 安田二朗教授(兼 熱帯医学研究所教授)、同研究拠点 南保明日香教授(日本ウイルス学会理事)、および島根大学医学部 吉山裕規教授(日本ウイルス学会理事)と共同でプラズマクラスター技術搭載ウイルス試験装置を作成し、感染症研究の世界的権威である長崎大学の協力の下、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」にプラズマクラスターイオンを約30秒照射※3することにより、感染価※4が90%以上減少することを世界で初めて実証しました。

「新型コロナウイルス」は、2019年12月に発生が確認され、2020年8月には感染者数が世界で2,500万人、死者も84万人を超えている※5非常に感染力が強いウイルスで、喫緊の社会問題として様々な分野での早急な対策が求められています。

 当社はプラズマクラスター技術について、2004年にコロナウイルス科の「ネココロナウイルス」に対する効果を実証※6、翌2005年には「新型コロナウイルス」と姉妹関係にある※7「SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」に対する効果も実証しており、今回新たに、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」に対する効果を実証しました。

 当社は、2000年より約20年にわたりプラズマクラスター技術の効果を世界の第三者試験機関と共同で実証するアカデミックマーケティング※8を実施しており、これまで多数の第三者試験機関で「新型インフルエンザウイルス」「薬剤耐性細菌」「ダニアレルゲン」などの有害物質の作用抑制や、小児喘息患者の気管炎症レベルの低減効果※9などの臨床効果を実証。併せて、プラズマクラスターの安全性についても確認※10してまいりました。今後も、プラズマクラスター技術による様々な実証を進め、社会に貢献してまいります。

<長崎大学感染症共同研究拠点 教授 安田 二朗(やすだ じろう)氏のコメント>

 付着したウイルスへの対策としては、アルコールや洗剤(界面活性剤)等の消毒薬が有効ですが、エアロゾル(マイクロ飛沫)を介した感染を想定した対策としてはマスク等の着用以外に有効策がありません。今回、プラズマクラスター技術が空気中に浮遊した状態の新型コロナウイルスを不活化することが実証されたことは、一般家庭だけでなく医療機関などの実空間で抗ウイルス効果を発揮する可能性があると期待されます。

※1 イオン放出式の空気浄化技術において。(2020年9月7日現在、当社調べ)

※2 Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、略称: SARS-CoV-2。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となる、SARS関連コロナウイルス(SARS-CoV)に属するコロナウイルスのこと。

※3 ウイルスを含んだエアロゾルが一定速度で空間を通過していると仮定し、試験空間容積を回収流量で除して算出。

※4 感染性を持つウイルス粒子の数。

※5 米ジョンズ・ホプキンス大の集計による。(2020年8月31日時点)

※6 2004年7月27日発表。

※7 “Severe acute respiratory syndrome-related coronavirus: The species and its viruses – a statement of the Coronavirus Study Group”. bioRxiv.(2020年2月11日)

※8 技術の効能について、先端の学術研究機関と共同で科学的データを検証し、それをもとに商品化を進めるマーケティング手法。

※9 2014年9月18日発表。

※10 (株)LSIメディエンスにて試験。(吸入毒性試験、眼/皮膚の刺激性・腐食性試験、催奇性試験、二世代繁殖毒性試験)

SHARP

先程のプレスリリースを受けてSHARPのホームページにアクセスすると、SARS -Cov-2に対してもプラズマクラスターが有効であるといった旨のリリースを発見しました。

空気中の浮遊ウイルス対策として次亜塩素酸水を加湿器で噴霧するといった方法をとっている家庭もあるかもしれませんが、その方法は効果がありません。

家庭内での感染を防ぐためにも一家に一台、最低でもリビングにはプラズマクラスターを設置した方が良いかもしれませんね。

合わせて読みたい記事