[2021.2月] Google AdSense新規合格までにかかった日数を紹介

ブログを運営するにあたって収益化を目指す人は多いのではないでしょうか。

収益化の方法は様々ありますが、その中でも有名な収益化の方法の一つがGoogle AdSenseです。

当ブログでも開設と同日に申請を行っておりましたが本日ついに合格通知が届きました。

今回申請から合格までどれだけの期間を要したのか紹介したいと思います。

AdSense合格までの日数

私が当ブログを開設したのは2021年1月5日のこと。

既に「Gadget Nyaa」というApple製品やガジェットに関するブログを運営していた私が「日常の疑問や雑記」を記すための場として開設したのがこのブログです。

AdSense自体はGadget Nyaaでも2年ほど前に審査が通っていたので勝手はわかっていました。

申請してすぐに審査結果が来るものでも合格するものでもないと知っていたので1記事しか書いていない時点で申請をしました。

申請して3日後の1月8日にGoogleから不合格の審査結果が届きました。

不合格の理由にはコンテンツが引用ばかりで不十分という旨が記載されていました。

引用ばかりでオリジナリティがないという点はこのブログのコンセプト上仕方がないことでした。

私が日々を過ごしている中で浮かんだ疑問を調べて備忘録として記事にする以上、独自の価値を提供するということがテーマによっては難しいからです。

赤ちゃんが「赤ちゃん」と呼ばれる理由なんてソースから引用する以外にありませんからね。

そのため、記事を改修することもなく再度申請し続けることでそのうち合格するだろうという雑な対応をしていました。

このブログを開設してから毎日更新していたので記事数が増えればそれなりにGoogleの基準をクリアできるのではないかという考えもこの対応の背景にありました。

再申請後も何度か不合格をもらい、その度に即申請ボタンを押すといういたちごっこの末に2021年2月9日にようやく合格通知が届きました。

日数にすると大体35日(35記事)で合格したことになります。

最後の審査はかなり時間がかかり、大体2週間近く結果を待ちました。

この頃には下記記事のようにテーマによっては引用だけではなく自身で深掘りした記事も増えてきていたのでGoogleの審査を超えることができたのだと考えています。

Gadget NyaaでAdSenseを申請して合格したときはだいたい15記事ぐらいだったと思うので記事数はその辺りが基準となっているのかもしれません。

AdSenseの他の収益源

Google AdSenseに合格してめでたしめでたし、と一段落つきたいところですが収益化する方法は他にもあります。

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトなども有名かつ手っ取り早い方法ですよね。

これらの申請から合格までの日数も紹介したかったのですが、Google AdSenseと違ってサイトごとに審査が必要ではなかったので残念ながら紹介することはできません。

Gadget Nyaaで合格しているので当ブログで申請を上げる必要がありませんでした。

ブログを始めたばかりの人はこれらも合わせて申請してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事